写真が苦手な場合の対策

query_builder 2024/04/15
コラム
36

写真は気軽に思い出を残せる便利なアイテムですが、撮られるのが苦手な方もいらっしゃいます。
「苦手を克服したい」とお考えであれば、苦手な理由を知ったうえで対策をとることが大切です。
今回は、写真が苦手な場合の対策についてご紹介いたします。


▼写真が苦手な場合の対策
■写真写りを意識する
写真の写りが悪いことで、苦手意識を持っている方もいらっしゃるでしょう。
そのような際は、下記のようなポイントを意識するのがおすすめです。
・顔の角度を変える
・姿勢を良くする
・目線をカメラより上にする
・口角を少し上げて表情を柔らかくする
■写真撮影に慣れる
とっさにカメラを向けられると、表情が硬くなってしまう方もいらっしゃいます。
その場合、日常から写真撮影に慣れておくと安心です。
スマートフォンやカメラなどで普段から写真を撮り、撮影されることに慣れていきましょう。
■撮影に自然な動きを取り入れる
外で撮影を行う場合、人目が気になって表情が硬くなる方もいます。
その際は歩いたり飲み物を飲んだりなど、自然な動きを取り入れてみましょう。
そうすることで緊張が和らぎ、自然な表情を撮影できます。


▼まとめ
写真が苦手な場合の対策として、写真写りを意識する・写真撮影に慣れる・撮影に自然な動きを取り入れる、などがあります。
写真写りが良くなる工夫や、カメラに慣れることで解決できる場合もありますので、対策を取り入れてみると良いでしょう。
『Photo Salon TAKUMI』では、盛岡を中心にウェディングフォトをはじめとする撮影や講座を行っております。
お客様の魅力を引き出す撮影をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【岩手・盛岡】雨の日のフォトウェディング

    query_builder 2023/08/29
  • 写真写りを良くする方法とは?

    query_builder 2024/05/15
  • 写真撮影でリラックスする方法とは?

    query_builder 2024/05/01
  • 写真が苦手な場合の対策

    query_builder 2024/04/15
  • 思い出の残し方とは?

    query_builder 2024/04/01

CATEGORY

ARCHIVE