カメラ本体のお手入れ方法について

query_builder 2023/10/13
コラム
12

野外でカメラを使用すると、汚れやほこりの付着が気になりますよね。
カメラを愛用しながら快適に撮影するためには、日頃のお手入れは欠かせません。
今回は、カメラ本体のお手入れ方法についてご紹介します。


▼本体の清掃
お手入れをする際に、ホコリやゴミがカメラ内部に入らないようにしましょう。
必ずボディキャップを付けてから清掃することが大切です。
■専用ブラシでホコリやゴミを浮かせる
ブラシをかけてホコリやゴミを浮かせると、汚れが取れやすくなります。
まずは大きいブラシを使って、外装の汚れを払いましょう。
また、溝やカードスロットなどの細かいところは、小さいブラシを使用します。
大小のブラシを使い分けながら、優しく払い落としましょう。
■ブロアーでホコリやゴミを吹き飛ばす
ブラシで全体のホコリやゴミを浮かせたら、ブロアーを使って吹き飛ばします。
ただし、スプレー式のブロアーは、故障の原因となるためオススメしません。
■クリーニングクロスで拭く
取れにくい汚れは、水やぬるま湯を少し含ませた柔らかい布で拭いたあと、からぶきをします。
液晶モニターは、清潔なクリーニングクロスを使いましょう。
クロスが届かない部分や落としきれない汚れは、綿棒を使うと取れやすくなります。
最後に、全体を丁寧に拭き取ってお手入れ完了です。


▼まとめ
カメラ本体のお手入れ方法としては「ブラシで汚れを浮かせる」「ブロアーで汚れを飛ばす」「クロスで拭く」です。
愛用のカメラを長く使うためには、定期的なお手入れが大切です。
今回ご紹介した方法を参考にメンテナンスをして、撮影を楽しんでくださいね。
『Photo Salon TAKUMI』では、ウェディングフォトの撮影やプロによる写真講座を行っています。
お客様のご要望に沿ったサービスを提供していますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【岩手・盛岡】雨の日のフォトウェディング

    query_builder 2023/08/29
  • 順光の特徴は?

    query_builder 2024/07/15
  • 出張撮影の注意点は?

    query_builder 2024/07/01
  • 出張撮影のメリットは?

    query_builder 2024/06/15
  • 手ブレを防ぐには?

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE